2019年度シネ・ギャラリー会員の
募集は終了いたしました。

5/12で2019年度の会員募集は終了いたしました。以降はいかなる理由がありましてもご入会いただけません。
皆様のご入会・ご継続、誠にありがとうございました。今後ともシネ・ギャラリーをよろしくお願い致します。

エレベーター故障中のお知らせ

現在、エレベーターが故障しており、ご利用いただけない状態です。なお、しばらくの間復旧出来ない見通しです。
お客様にはご不便をおかけしまして、誠に申し訳ございません。
映画をご覧になるお客様は階段をご利用いただきますようお願い申し上げます。
復旧いたしましたらご連絡いたします。何卒宜しくお願い致します。

※車椅子やお体が不自由な方でご鑑賞希望の方は、あらかじめ劇場(054-250-0283)にお問合せいただきますと幸いです。

日間スケジュール
2019/5/11(土)~5/24(金)

『愛がなんだ』は、6/7(金)まで続映決定しました。(5/25から時間変更あり)
2019/5/11~5/24上映 シネ・ギャラリー オープン予定時間 9:40
 (初回の回の20分前にオープン。オープンと同時に、その日の全回の整理券をお取りいただけます。混雑時は早めにオープンする場合もあります)          
  芳華 僕たちの
ラストステージ
芳華 リヴァプール、
最後の恋
僕たちの
ラストステージ
 上映開始時間 10:25 12:55 14:50 17:20 19:20
 終了時間 12:45 14:40 17:10 19:10 21:05
  リヴァプール、
最後の恋
ドント・
ウォーリー
愛がなんだ ドント・
ウォーリー
愛がなんだ
 上映開始時間 10:00 12:10 14:20 16:40 19:00
  終了時間 11:55 14:10 16:30 18:40 21:10
※2019/5/11~5/24までの時間割PDFはこちら

芳華 ほうか youth

2019/5/11(土)~5/24(金)



2019/5/11(土)~5/24(金)上映  ①10:25~12:45  ②14:50~17:10

1976年の中国、兵士を慰労・鼓舞する歌劇団、文工団に入団した農村出身で17歳のシャオピン(ミャオ・ミャオ)は、周りとなじめない。
模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)だけが彼女の唯一の支えだった。
しかし、ある事件をきっかけに、シャオピンとリウは非情な運命に翻弄されることになり…

※スタッフブログ更新! 70年代中国。時代に翻弄された若者たちの美しく切ない青春 『芳華-YOUTH-』

詳しくはこちら

ドント・ウォーリー

2019/5/11(土)~5/24(金)



2019/5/11(土)~5/24(金)上映  ①12:10~14:10  ②16:40~18:40

アルコールに頼る日々を過ごしていたジョン・キャラハンは、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。
絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。
だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止めた彼は、過去から自由になる強さを得ていく。そして、持ち前の辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始めた。
人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいて……

詳しくはこちら

僕たちのラストステージ

2019/5/11(土)~5/24(金)



2019/5/11(土)~5/24(金)上映  ①12:55~14:40  ②19:20~21:05

1937年、スタン・ローレル(スティーヴ・クーガン)とオリバー・ハーディ(ジョン・C・ライリー)によるお笑いコンビ、ローレル&ハーディは、観客からも批評家からも愛され、出演映画は世界中で上映され、ハリウッド・コメディ界の頂点に君臨していた。
1953年、ローレル&ハーディは、イギリスでホールツアーを開始するも、既に二人は過去の人になっていた。待遇は悪く、客席もガラガラ。
互いを笑わせあいながら、過酷なツアーを頑張って続けるうちに、やがて二人はファンを取り戻していくが、ある日の口論をきっかけに、オリバーはコンビ解消を心に決め、スタンに「引退する」と告げる……。

詳しくはこちら

リヴァプール、最後の恋

2019/5/11(土)~5/24(金)



2019/5/11(土)~5/24(金)上映  ①10:00~11:55  ②17:20~19:10

1981年9月29日、ピーター・ターナーの元に衝撃の知らせが飛び込んできた。
かつての恋人グロリア・グレアムがイギリスのランカスターのホテルで倒れたのだという。
「リヴァプールに行きたい」そう懇願するグロリアに対してピーターはリヴァプールにある自分の実家でグロリアを療養させることにした。ピーターの家族やリヴァプールを懐かしむグロリアだったが、全く病状を明かそうとせず……。

詳しくはこちら

愛がなんだ

2019/5/11(土)~6/7(金)までさらに続映決定!



2019/5/11(土)~6/7(金)上映
2019/5/11(土)~5/24(金)上映  ①14:20~16:30  ②19:00~21:10
2019/5/25(土)~5/31(金)上映  ①14:20~16:30 続映決定!

2019/6/1(土)~6/7(金)上映  ①18:50~21:00 さらに続映決定!

28歳の会社員・テルコ(岸井ゆきの)は、マモル(成田凌)のことが好きになって以来、仕事や友人がどうでもよくなるほどマモル一筋の生活を送っていた。
一方、マモルにとってテルコは、ただの都合のいい女でしかない。
ある日、二人は急接近しテルコは有頂天になるが、突然マモルからの連絡が途絶えてしまい……。

※スタッフブログ更新 "好き"と言えないすべての人へ『愛がなんだ』

詳しくはこちら


1970年代半ばの中国。人民解放軍の歌劇団“文工団(文芸工作団)”の男女を巡る年代記。

制作に人民解放軍の映画部門が加わり、内容的に中央政府の方針から外れることなく作られているのは確かだと思いますが、随所に人民解放軍への肯定的表現などがあるものの(それはある意味当・・(続きはこちら)

(2019/5/17 スタッフ:ラウペ更新)


岸井ゆきの、成田凌出演の本作は東京で公開され話題になっていて、ポスターやチラシの写真が「観たよ」「観たい」とコメントつきでSNSにたくさんアップされています。若い世代はもちろん、酸いも甘いも噛み分けた年代の方にもかなりインパクトのある作品だと思います。まあまあいい年齢になってきたOLのテルちゃんは、猫背でヒョロヒョロのマモちゃんに恋をして・・・(続きはこちら)

(2019/5/11 スタッフ:なべ更新)
2019/5/25以降の上映作品の、上映時間や詳細等に付きましては、下記リンクに移動後、各作品『作品情報』よりどうぞ。
(リンクがついていない場合はもうしばらくお待ちください)
もしくは、このページの一番上のタブ、『上映予定』でも、今後の上映作品一覧に移動します。

5/25以降の上映作品はこちら
「平成」という時代、約30年の間に、さまざまな映画が上映されましたね。
その間に、CG技術が大幅に進歩したり、デジタル上映になったり、体感型の4DXなどで楽しむ映画が出現したりと、技術的な面での大きな進展がありましたが、逆にフィルムでの上映なども印象深く心に残った時代でもありました。
アカデミー賞などの国際映画祭での邦画作品の活躍、ジブリなどのアニメーションの充実、素晴らしい監督、俳優の活躍なども目を引くものがありました。
平成が終わり、令和を迎える今、是非皆さまの「平成」を象徴する映画や、平成で印象深かった映画、一番面白かった映画について教えてください!
下記リンクよりお答えいただけます。もしくは3階ロビーに設置してありますアンケート用紙にてご回答ください。

特別アンケートについて詳しくはこちら 皆様の回答はこちら