いよいよ上映開始する、『スパイナル・タップ』ですが、当館でもグッズを販売いたします!
伝説?のポリマーレコードTシャツや、スパイナル・タップのツアーTシャツ、そして例の「UP TO 11」のTシャツ。。
最先端キーホルダー(!)などなど。
7/7から販売開始です!この機会に是非!



『スパイナル・タップ』関連グッズについて詳しくはこちら 
『アイスと雨音』は、『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』などを手がけてきた松居大悟監督が、“現実と虚構”、“映画と演劇”の狭間でもがく若者たちの1ヶ月を、74分ワンカットで描いた青春譚。
松居大悟監督をお招きし、演技経験を問わずキャストをオーディション、「超ロングカットの一発撮り」と実験的とも言える意欲作、その創造性について、スノドカフェ七間町のオーナーであり、CCC(静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター)でプログラムディレクターを務める柚木氏にインタビュアーとなってもらい、上映後にトークショーを実施します。



『アイスと雨音』特別上映会について詳しくはこちら 
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』の公開前日の2018/7/20まで、特典付き前売券(ムビチケ)を3階シネ・ギャラリー窓口にて販売いたします!
一世風靡した、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の続編となる今作を是非お見逃しなく!
詳しくは、リンク内【前売券】をご確認ください。



詳しくはこちら 
今年も下半期に突入!・・・ということで、2018年上半期のシネ・ギャラリー上映作品のベスト1・2・3を募集いたします!
いつもどおり、3階ロビーでの募集と、HPより募集を行います。3本でなくても、1本だけのご参加も大歓迎!
8月末頃まで募集しておりますので、上半期お気に入りの作品を是非是非お教えください!宜しくお願い致します。
※リンク内では、すでにアンケートにお答えいただいた方々の回答をご覧いただけます!(随時更新中)

詳しくはこちら 

日間スケジュール  2018/7/7(土)~7/20(金)

※『女と男の観覧車』は、7/27まで上映。7/7以降時間変更あり
※『フジコ・ヘミングの時間』8/3まで続映決定!7/21から時間変更あり

2018/7/7~7/20 シネ・ギャラリー オープン予定時間 9:40
 (初回の回の20分前にオープン。オープンと同時に、その日の全回の整理券をお取りいただけます。混雑時は早めにオープンする場合もあります)   
  大映男優祭
(作品によって
上映期間が
異なります)
マルクス・
エンゲルス
ビューティフル
・デイ
スパイナル
・タップ
男と女、
モントーク岬で
ビューティフル
・デイ
 上映開始時間 10:00 12:10 14:20 16:05 17:40 19:40
 終了時間 12:00頃 14:10 15:55 17:30 19:30 21:15
  フジコ・ヘミング
の時間
女と男の
観覧車
フジコ・ヘミング
の時間
マルクス・
エンゲルス
スパイナル
・タップ
 上映開始時間 10:30 12:50 14:45 17:00 19:15
 終了時間 12:35 14:35 16:50 19:05 20:45
大映男優祭 連日10:00~  *各作品ごと上映期間が異なります。
地獄門 座頭市
物語
眠狂四郎
勝負
夫が見た 雪之丞変化
上映終了 上映終了 上映終了 7/17~7/19上映 7/20~7/22上映
 黒い十人
の女
薄桜記  おとうと  近松物語   
7/23~7/25上映   7/26~7/28上映  7/29~7/31上映  8/1~8/3上映  

フジコ・ヘミングの時間

2018/7/7(土)~8/3(金)続映決定!



2018/7/7(土)~8/3(金)上映
2018/7/7(土)~7/20(金)  ①10:30~12:35  ②14:45~16:50
2018/7/21(土)~8/3(金)  ①10:05~12:05 続映決定!!


ピアニストとして世界を舞台に活躍し、多くの人を魅了しているフジコ・ヘミング。
ワールドツアーでパリ、ニューヨーク、ブエノスアイレス、ベルリン、京都を巡るフジコに密着し、リサイタルでの演奏をカメラが捉える。
さらに、ハーフへの差別や貧しい留学生活、聴力の喪失といった困難を乗り切り、夢を追い続けるフジコの人間性に迫る。


詳しくはこちら

第70回カンヌ国際映画祭 脚本賞&男優賞W受賞!!

ビューティフル・デイ

2018/6/23(土)~7/6(金)



2018/7/7(土)~7/20(金)上映  ①14:20~15:55  ②19:40~21:15

元軍人のジョーは、行方不明になった少女たちを捜した報酬で生計を立てる一方で、殺し屋の顔も持つ。
年老いた母と一緒に暮らしている彼に、政治家の娘ニーナを見つけてほしいという依頼が舞い込む。
やがて発見した彼女は感情が失われていて、連れ出そうとした矢先にさらわれてしまう。


詳しくはこちら

マルクス・エンゲルス

2018/7/7(土)~7/20(金)



2018/7/7(土)~7/20(金)上映  ①12:10~14:10  ②17:00~19:05

1840年代のヨーロッパ。新聞記者のカール・マルクス(アウグスト・ディール)は、産業革命による経済格差が生み出した貧困や不当な労働状況を批判する独自の経済論を唱えるが、過激な言動で新聞が発禁となり、彼はドイツからフランスに向かう。
パリに行き着いた彼は、紡績工場のオーナーの息子フリードリヒ・エンゲルス(シュテファン・コナルスケ)と出会い、互いの思想に共鳴した二人は新たな労働運動をけん引していく。


詳しくはこちら

スパイナル・タップ

2018/7/7(土)~7/20(金)



2018/7/7(土)~7/20(金)上映  ①16:05~17:30  ②19:15~20:45

1960年代にデビューし、時代の流行に合わせて音楽性も変えてきたイギリスのロックバンド、スパイナル・タップ。
ハードロックへ路線を変更した彼らは、ニューアルバム「Smell the Glove」のリリースに合わせたツアーをアメリカで行うことになる。
彼らのことが大好きな映画監督マーティ・ディ・ベルギー(ロブ・ライナー)がツアーに密着する中、バンドの思わぬ歴史やエピソードが飛び出す。


詳しくはこちら

男と女、モントーク岬で

2018/7/7(土)~7/20(金)



2018/7/7(土)~7/20(金)上映  ①17:40~19:30

新刊のプロモーションのためニューヨークにやってきた作家のマックス(ステラン・スカルスガルド)は、昔の恋人レベッカ(ニーナ・ホス)と再会する。
しかし、彼女は別れた後のことを一切話そうとしない。
ニューヨークを去る3日前、マックスはレベッカから恋人時代に二人で行ったモントーク岬への旅に誘われ……。


詳しくはこちら

女と男の観覧車

2018/6/23(金)~7/27(金)まで

2018/6/23(土)~7/27(金)上映
2018/7/7(土)~7/20(金)  ①12:50~14:35
2018/7/21(土)~7/27(金)  ①17:50~19:35

1950年代のコニーアイランド。遊園地のレストランでウエイトレスとして働く元女優のジニー(ケイト・ウィンスレット)は、再婚同士の夫と自分の連れ子と一緒に、観覧車の見える部屋に住んでいた。
平凡な日々に幻滅し、海岸で監視員のアルバイトをしている脚本家志望のミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)とひそかに交際するジニーだったが、ある日久しく連絡がなかった夫の娘が現われたことで歯車が狂い始め……。

詳しくはこちら

大映男優祭

2018/7/7(土)~8/3(金)開催
※作品ごとに上映期間が異なります。



 2018/7/7(土)~7/9(月)上映  『地獄門』 上映終了 
 2018/7/10(火)~7/12(木)上映 『座頭市物語』   上映終了
 2018/7/13(金)~7/16(月)上映 『眠狂四郎 勝負』  上映終了
 2018/7/17(火)~7/19(木)上映 「女の小箱」より 『夫が見た』   詳細はこちら 
 2018/7/20(金)~7/22(日)上映 『雪之丞変化 デジタル復元版』   詳細はこちら 
 2018/7/23(月)~7/25(水)上映 『黒い十人の女』   詳細はこちら 
 2018/7/26(木)~7/28(土)上映 『薄桜記』   詳細はこちら 
 2018/7/29(日)~7/31(火)上映 『おとうと デジタル復元版』   詳細はこちら 
 2018/8/1(水)~8/3(金)上映 『近松物語 4K復元版』   詳細はこちら 

大映男優祭

「女の小箱」より
夫が見た

2018/7/17(火)~7/19(木)上映



2018/7/17(火)~7/19(木)上映  ①10:00~

川代誠造は、敷島化工の株式課長だ。今、株の買占めに悩まされる敷島は、その防衛に必死で、川代も家をあける事もしばしば。
妻の那美子はそんな夫との生活に耐えられず、友人に誘われるまま、バー「2・3」で遊ぶようになった。
バーの経営者石塚健一郎は事業欲が旺盛で敷島の乗取りを企てていて、石塚は郡美子が川代の妻と承知の上で誘惑する。
さらに石塚は、美人秘書エミやバーのマダム洋子とも関係を持っているが、一方誠造も石塚の情報を得るためエミと関係して……。


詳しくはこちら

大映男優祭

雪之丞変化 デジタル復元版

2018/7/20(金)~7/22(日)上映



2018/7/20(金)~7/22(日)上映  ①10:00~

江戸で興行を張る上方歌舞伎の女形役者・中村雪之丞は、父を冤罪で陥れ自死に至らしめた土部三斎と広海屋の姿を見つける。
土部三斎の娘の浪路は雪之丞に恋をし、雪之丞は彼女を利用して父の仇を討とうとする。
さらに、江戸の飢饉に乗じて米を買い占めていた川口屋は、雪之丞にそそのかされた広海屋に邪魔され破産、広海屋に放火して……。


詳しくはこちら

大映男優祭

黒い十人の女

2018/7/23(月)~7/25(水)上映



2018/7/23(月)~7/25(水)上映  ①10:00~

テレビプロデューサー、風松吉は、なぜか近づいてくる女も多く、関係を持った女は大勢いた。妻の双葉はそんな夫をあきらめて、淋しい毎日をレストラン経営にまぎらわしていた。
風と女たちは、遊びの関係だったが、なぜか彼女たちは風を忘れられずにいた。彼女たちは風のことが気になるあまり、「風がポックリ死ねばよい」「風を誰か殺してくれないかしら」と言っていた。
そんな話を耳にした風本人は、十人の女が自分を殺そうとしていると思い込む。
どうして自分が殺されようとしているのか彼にはわけがわからず、思い悩んだ彼は、妻の双葉に打ち明けてしまい……。


詳しくはこちら
2018/7/21以降の上映作品の、上映時間や詳細等に付きましては、下記リンクに移動後、各作品『作品情報』よりどうぞ。
(リンクがついていない場合はもうしばらくお待ちください)
もしくは、このページの一番上のタブ、『上映予定』でも、今後の上映作品一覧に移動します。

7/21以降の上映作品はこちら