NEWS

12/15(日)僕らの映画がやってきた!
ワインコーリング公開イベント「ナチュラルワイン会」を開催いたします

12/15(日)12:00-15:00
サールナートホールにてキャラバン様×ラヴァリエ様のナチュラルワイン会を開催いたします!

シネ・ギャラリー短期スタッフ募集のお知らせ

2019/12/14『主戦場』特別上映会開催決定!
※13:00の回に続き、17:00の回も完売いたしました。
当日券の販売はございません。
申し訳ありませんがご了承ください。

2019/12/7(土)~12/13(金)
の上映作品

『ジョージア、ワインが生まれたところ』

2019/12/7(土)~12/13(金)
①10:15~11:40
1週間限定上映

トップクラスのソムリエであるアメリカのジェレミー・クイン氏は、ワインの起源を学ぶためにシカゴで働いていた4軒のレストランを辞め、ジョージアを訪問する。
ジョージアのワインの歴史は古く、起源は8,000年前までさかのぼり、ワイン発祥の地として知られている。
クイン氏は、トビリシのジョージア国立博物館で素焼きの土器と出会い……。

2019/12/7(土)~12/20(金)
の上映作品

『人生、ただいま修行中』

2019/12/7(土)~12/20(金)
①12:00~13:50
②17:25~19:15

フランス・パリ郊外の看護学校。年齢、性別、出身の異なる40人の学生にとって、採血や抜糸、ギプスを外すことなど全てが初めての体験だった。
学生たちは、心臓病の病棟や末期ガン患者の緩和ケアを行うホスピスなどで実習を行い、悩みを抱えながらも一人前の看護師になるために日々奮闘する。

『残された者
北の極地

2019/12/7(土)~12/20(金)
①14:00~15:40
②19:25~21:05

飛行機事故で北極地帯に不時着したパイロットのオボァガード(マッツ・ミケルセン)は、壊れた飛行機をシェルター代わりにし、白銀の荒野を歩き、魚を釣り、救難信号を出しながら救助を待っていた。
しかし、救助に来たヘリコプターも強風のため墜落し、女性パイロットが大けがをする。
瀕死の彼女を救うため、オボァガードは自力で窮地を脱しようとする。

『少女は夜明けに夢を見る』

2019/12/7(土)~12/20(金)
①15:50~17:10
②19:35~20:55

雪が降り積もったクリスマス前、少女たちが無邪気に雪合戦を楽しんでいた。
明るい彼女たちの表情からは、この場所が高い塀に囲まれ厳重に管理されている更生施設だと感じられない。
やがて少女たちは、強盗や殺人など自分が施設に入った経緯について口にし始める。

『マイ・フーリッシュ・ハート』

2019/12/7(土)~12/20(金)
①17:40~19:10

1988年5月13日、ジャズミュージシャンのチェット・ベイカー(スティーヴ・ウォール)が、滞在先のアムステルダムのホテルの窓から落ちて死亡する。
事故現場に駆けつけた地元警察署の刑事ルーカスは、うつ伏せの状態で頭部から流血する遺体をチェックする。
彼はベイカーが落下した窓辺に人影を目撃するが、室内には誰もいなかった……。

『夕陽のあと』

2019/12/7(土)~12/20(金)
①10:00~12:15

自然に恵まれた鹿児島県の長島町。島の特産物であるブリの養殖業を夫婦で営む日野五月(山田真歩)は、生後間もなくから育ててきた7歳の豊和との特別養子縁組申請を控えていて、ようやく豊和と本当の家族になれることに感無量だった。
一方、島には1年前に現れて食堂で働くようになった佐藤茜(貫地谷しほり)という女性がいた。
あるとき、足取りが掴めなかった豊和を生んだ親の所在がわかる。

『東京裁判』

2019/12/7(土)~12/20(金)
①12:25~17:15
(途中休憩10分あり)
※特別料金設定

1945年7月26日、連合国のアメリカ、イギリス、中華民国は第2次世界大戦終結のため、降伏を要求する「ポツダム宣言」を日本に突き付ける。対応に苦慮した日本側が宣言を黙殺している間に、アメリカは広島と長崎に原子爆弾を投下。
さらにソ連が日ソ中立条約を無視して南樺太に侵攻し、日本は8月14日にポツダム宣言を受諾する。
翌1946年から1948年まで、日本の主な戦犯に対する裁判が行われた

2019/12/14(土)~12/20(金)
の上映作品

『ワイン・コーリング』

2019/12/14(土)~12/20(金)
①10:15~11:50

フランス自然派ワインの先駆者であるジャン・フランソワ・ニックさんは、南フランスのルシヨン地方でワイン造りと向き合ってきた。
彼のもとには志を同じくする自然派ワインの作り手たちが集い、情報交換や器具の貸し借りや収穫の手助けをする。
彼らは朝早くから共に協力して労力を惜しまず働き、家族で食卓を囲んで、夜は仲間たちとワインを楽しむ。

おしらせ

静岡市プレミアム付き商品券
お使いいただけます

エレベーターリニューアル工事完了のおしらせ
リニューアル工事が完了いたしました。お客様がたには大変なご迷惑をお掛けいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

サールナートホール
イベント・講座

サールナートホール/シネ・ギャラリーでは、通常の上映とは別に、イベントや講座を開催しております。
是非ご参加ください!

京都学講座2019年下半期
   「京暮らしのいろは ~京で暮らす人々の生活」受講生募集中!
NEW!

健康学講座~気功編~2019年度下半期
受講生募集中!
 NEW!

連続法話会~2019年度下半期 受講生募集中! NEW!

静岡シネ・ギャラリー

〒420-0857 静岡市葵区御幸町11-14
サールナートホール3階

054-250-0283 (劇場直通)

アクセス・地図