NEWS

2017/6/30(金)をもって、ミユキアオイパーキングは営業を終了いたします。
以降は当館西隣NDP松坂屋前駐車場、中西ガレージをご利用ください

シネ・ギャラリー
2017年上半期ベスト3
募集いたします!

恒例の半期ごとの映画ベスト3、今回はネットからの受付を開始しました。当館でご覧になった作品のベスト3を教えてください!1位のみのご回答でも構いません。

2017/7/8(土)~7/21(金)の上映作品

『武曲
MUKOKU』

2017/7/8(土)~7/21(金)
①14:40~16:55
②19:25~21:35


剣道5段の矢田部研吾(綾野剛)は、ある出来事により酒に溺れ、警備員をしながら何とか暮らしていた。
彼の母親はすでに他界し、以前は“殺人剣の使い手”として名をはせた父親も入院中で植物状態だった。
ある日、研吾はラップに夢中の高校生・羽田融(村上虹郎)と出会い、彼の中に父と同様の剣士としての素質を見いだす。

『ボンジュール、アン』

2017/7/8(土)~7/21(金)
①10:20~12:00
②15:40~17:15


仕事ばかりの映画プロデューサー・マイケル(アレック・ボールドウィン)の妻で、子育ても一段落したアン(ダイアン・レイン)は、ひょんなことから夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)の車に同乗してカンヌからパリに戻ることになる。
ところが、単なる移動のはずのドライブは、おいしい食事や南フランスの美しい景色を楽しむうちに充実したひと時となり……。

『笑う101歳×2
笹本恒子 むのたけじ

2017/7/8(土)~7/21(金)
①10:00~11:35
②17:05~18:45


2014年4月、報道写真家として知られる笹本恒子氏と、新聞社を辞めて故郷である秋田県で週刊新聞たいまつを刊行してきたジャーナリストのむのたけじ氏の対談が行われた。
日独伊三国同盟や安保闘争、浅沼稲次郎や力道山といった昭和の歴史的事件と人物を目にしてきた笹本氏、戦後の激動期の中で報道を通じて自由と平和の尊さを力強く訴えてきたむの氏。
彼らの生き方や美学が語られる。

『残像』

2017/7/8(土)~7/21(金)
①11:45~13:30


1945年、ポーランド。アバンギャルドな作風で知られる画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキは、全体主義に従うことを拒んだことから、大学で教授職の退任に追い込まれ、美術館からは作品が撤去されてしまう。
しかし、学生たちの協力を得て、ヴワディスワフは権力と戦うことを決意する。

『ザ・ダンサー』

2017/7/8(土)~7/21(金)
①13:40~15:30
②17:25~19:15


19世紀末のパリ。アメリカからやって来た無名の女性ダンサー、ロイ・フラー(ソコ)の踊りに人々は熱狂する。 シルクの布をはためかせながら舞う幻想的なパフォーマンスは、ロートレックやロダンら芸術家たちの心もつかんだ。 女性によるダンスが社会的な地位を得ていない時代、ロイは照明や鏡を演出に取り入れ……。

『光をくれた人』

2017/7/8(土)~7/21(金)
①12:10~14:30
②19:00~21:20


1918年、トム(マイケル・ファスベンダー)は戦争から帰還するものの、心は深く傷ついていた。
その後彼は、灯台守の仕事に就く。彼はオーストラリア西部の岬からおよそ160キロメートルも先の孤島ヤヌス島に渡り、3か月の間一人で生活する。
そして正式に採用されたトムは契約のために町に戻り、土地の名士の娘イザベル(アリシア・ヴィキャンデル)と出会う。

イベント・特集

シネ・ギャラリーでは、通常の上映とは別に、イベントや特集を開催しております。
是非ご参加ください!

2017年上半期ベスト1・2・3!
募集中!

恒例の半期ごとの映画ベスト3、今回はネットからの受付を開始しました。当館でご覧になった作品のベスト3を教えてください!1位のみのご回答でも構いません。

静岡シネ・ギャラリー

〒420-0857 静岡市葵区御幸町11-14
サールナートホール3階

054-250-0283 (劇場直通)

アクセス・地図
                        

© 静岡シネ・ギャラリー © Untitled.