映画『凪待ち』先行上映&
白石和彌監督舞台挨拶決定!

2019/8/2(金)開催
18:30開始

映画『凪待ち』先行上映&
監督舞台挨拶決定!

白石和彌×香取慎吾の初タッグによる全国ヒット公開中の映画『凪待ち』。
当館での本公開前夜8/2(金)に、白石和彌監督をお迎えした先行上映会を開催します。
一足先にご覧いただき、間近で白石監督に製作秘話や本作への想いをお聞きください。

Image
GUEST

白石和彌(監督)

1974年生まれ。北海道出身。1995年、中村幻児監督主催の映像塾に参加。以降、若松孝二監督に師事し、フリーの演出部として活動。若松孝二監督『明日なき街角』(97)、『完全なる飼育 赤い殺意』(04)、『17歳の風景 少年は何を見たのか』(05)などの作品へ助監督として参加する一方、行定勲監督、犬童一心監督などの作品にも参加。2010年、初の長編映画監督作品『ロストパラダイス・イン・トーキョー』で注目を集める。ノンフィクションベストセラーを原作とした『凶悪』(13)は、2013年度新藤兼人賞金賞をはじめ、第37回日本アカデミー賞優秀作品賞・脚本賞ほか各映画賞を総嘗めし、一躍脚光を浴びる。続いて、『日本で一番悪い奴ら』(16)、『牝猫たち』(17)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『サニー/32』(18)、『孤狼の血』(18)、『麻雀放浪記2020』(19)など多数の話題作が公開。公開待機作品として『ひとよ』(19/秋)などがある。

公式twitter

Image

上映作品

凪待ち

木野本郁男(香取慎吾)はギャンブルをやめ、恋人の亜弓(西田尚美)と亜弓の娘の美波(恒松祐里)と共に亜弓の故郷である宮城県の石巻に移住し、印刷会社で働き始める。ある日、亜弓とけんかした美波が家に帰らず、亜弓はパニックになる。亜弓を落ち着かせようとした郁男は亜弓に激しく非難され、彼女を突き放してしまう。その夜、亜弓が殺される。

公式HP

本公開8/3~8/16 上映情報

INFORMATION

日時

2019/8/2(金)
18:30~ (18:20~開場)
終演21:00頃予定
会場:サールナートホール1階大ホール

ゲスト

白石和彌 (映画監督)
※上映後、舞台挨拶
終了後、サイン会あり

限定前売券

一般一律 1,400円
会員一律 1,100円

※先行上映のため、8/3(土)~共通前売券・全国券は使用できません。
※現在販売中!

当日券

劇場通常料金に準ずる
※前売券が完売した場合は、当日券販売はありません
一般 1800円
シニア・学生 1300円
会員 1100円

詳しくはこちら

注意

※200名限定・自由席・途中入場不可
(50名限定でしたが、お申し込みが多いため会場変更しまして大ホールでの上映となりました)
※満席になりましたら、ご入場をお断りいたします。
当日9:40から整理券交換あり

静岡シネ・ギャラリー

MAP