Colorlib Free Template
上映情報

2020/1/10(金)~2/14(金)上映

2020/1/10(金)~1/17(金)上映
①10:00~12:05(字)  ②12:15~14:20(吹)
③17:10~19:15(字)

2020/1/18(土)~1/31(金)上映
①10:10~12:20(字)  ②14:55~17:05(吹)

2020/2/1(土)~2/14(金)上映
①12:00~14:10(吹)

※(字)…日本語字幕上映 (吹)…日本語吹替上映

ストーリー

国王夫妻が訪れることになった大邸宅ダウントン・アビー。グランサム伯爵家の長女メアリー(ミシェル・ドッカリー)は、パレードや晩さん会の準備のために引退していた元執事のカーソン(ジム・カーター)を呼び戻すが、国王夫妻の従者たちは、自分たちが夫妻の世話や給仕をやると告げる。一方、先代伯爵夫人バイオレット(マギー・スミス)の従妹モード・バッグショー(イメルダ・スタウントン)は、自分の遺産をメイドに譲ろうと考えていた。

チェック

英国貴族と使用人たちが織り成す人間模様を描きヒットしたドラマシリーズ「ダウントン・アビー」の劇場版。ドラマの最終回の数年後を舞台に、大邸宅でのロマンスや陰謀を映し出す。ヒュー・ボネヴィル、マギー・スミス、ジム・カーターらおなじみの面々が集結し、新たに『ヴェラ・ドレイク』などのイメルダ・スタウントンが出演。ドラマ版に続いて、脚本をジュリアン・フェロウズ、監督をマイケル・エングラーが務める。

公式HP 

作品情報

監督: マイケル・エングラー
脚本・製作: ジュリアン・フェロウズ
製作国: イギリス/アメリカ
製作年: 2019年
配給: 東宝東和

キャスト
ヒュー・ボネヴィル (ロバート・クローリー)
ジム・カーター (カーソン)
ミシェル・ドッカリー (レディ・メアリー・タルボット)
エリザベス・マクガヴァン (コーラ・クローリー)
マギー・スミス (バイオレット・クローリー)
イメルダ・スタウントン (モード・バッグショー)
ペネロープ・ウィルトン (イザベル・マートン)

(C) 2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

 

 

 

 

前売券

※前売券は、公開の前日までの販売となります。公開中でのご購入はできません。
公開中は当日券をお求め下さい。

☆劇場窓口……共通前売券 ○ 一般前売1400円 シニア前売1200円 
 公開の一ヶ月前より販売開始
*共通前売券について
当館で絵柄の入った前売券の取り扱いがございません。全て絵柄の入っていない前売券となります。
お取扱いは、シネ・ギャラリー劇場窓口のみでの販売です。


☆WEBでご購入、お近くの対象コンビニで発券もできます→チケットぴあ
Pコード 467-876  1400円(+手数料110円)
*シネ・ギャラリーでの公開日の一ヶ月前より販売開始 *必ず「対象作品」にご希望の作品があるか確認してからご購入ください。
*お近くのチケットぴあ、セブンイレブン、サークルK・サンクスに 設置されているチケットぴあの発券機でもご購入ができます。
発券機でのご購入の際は上記Pコードが必要になりますのでお控え下さい。
*チケットぴあでは、シニア前売券の販売は行っておりません。

 

 

当日券 当館で公開が始まった作品は、当日券のみの販売となります。

一般 1,800円
学生・子ども・シニア(60歳以上)・障がい者 1,300円

会員
平日 1,100円
土日祝 1,400円(シニア会員・学生会員・U-25会員は1,100円)

ファーストデイ(毎月1日)
1,100円(どなたでも)

attention!

ご遠慮いただいております

上映中、携帯電話の使用禁止

上映中に携帯電話をご使用になるお客様がいらっしゃいます。ほんの少しでも光が漏れると、周りの方の鑑賞の迷惑になります。
上映中は必ず携帯電話の電源をOFFにしてからご鑑賞ください。
どうしてもという場合は、一旦劇場から出て、ロビーにてご使用ください。

上映開始後の途中入場禁止

整理券をお取りいただいていても、上映が開始しますと、他のお客様のご迷惑となりますので、入場はお断りさせていただきます。
遅れてお越しになり、ご入場をお断りさせていただいた場合、いかなる理由がございましても、他上映回への変更、払い戻しはいたしかねますのでご了承ください。

劇場内でのご飲食禁止

劇場内へ飲食物を持ち込むこと、ご飲食をすることはお断りしております。
1階喫茶コーナー、3階ロビーでは飲食可能です。
やむをえない理由がある場合は、スタッフにご相談ください。

未就学児の入場はお断りしております

 ママさん上映等ではご入場いただける場合もございますが、基本的にはお断りしております。