2018/ 10/ 14 (日)『止められるか、俺たちを』先行上映会&
白石和彌監督、俳優・井浦新さん舞台挨拶決定!

2012年に亡くなった映画監督の若松孝二が設立した若松プロダクションの再始動第1作目となる白石和彌監督最新作『止められるか、俺たちを』を10/27(土)より公開します。
この度、本公開に先立ち先行上映が決定しました。ゲストは白石和彌監督と、本作で若松孝二監督を演じた井浦新さんのお二人です。
1969年を舞台に、彼のプロダクションに飛び込んだ女性の視点から、映画に全てをささげる若松孝二と仲間たちの青春を描いた本作、東京公開から2日目と静岡県内で最早の上映となります。是非、ご来場ください。

 

INFORMATION

日時:
2018/
10 / 14 (日) 10:30開演 (10:15~開場)

ゲスト:
白石和彌(映画監督)、井浦新(出演) 
※上映後、舞台挨拶 ※パンフレット購入者へのサイン会実施予定。

料金:
一般前売:一律 1,500円 (当日:一律 1,800円)
会員前売:一律 1,100円 (当日:一律 1,400円)
※劇場窓口のみで、現在好評発売中!
※チケット面に書かれている番号が、当日の入場整理番号となります。ご購入時にお確かめください。


注意:
全席自由、定員制、途中入場・払い戻し・舞台挨拶のみの参加不可。
登壇ゲストは急遽変更となる場合があります、あらかじめ了承ください。

 

上映作品 『止められるか、俺たちを』

吉積めぐみ、21歳。1969年春、新宿のフーテン仲間のオバケに誘われて、“若松プロダクション”の扉をたたいた。
当時、若者を熱狂させる映画を作りだしていた“若松プロダクション“。
そこはピンク映画の旗手・若松孝二を中心とした新進気鋭の若者たちの巣窟であった。
小難しい理屈を並べ立てる映画監督の足立正生、冗談ばかり言いつつも全てをこなす助監督のガイラ、飄々とした助監督で脚本家の沖島勲、カメラマン志望の高間賢治、インテリ評論家気取りの助監督・荒井晴彦など、映画に魅せられた何者かの卵たちが次々と集まってきた。
撮影がある時もない時も事務所に集い、タバコを吸い、酒を飲み、ネタを探し、レコードを万引きし、街で女優をスカウトする。
撮影がはじまれば、助監督はなんでもやる。現場で走り、怒鳴られ、時には役者もやる。
「映画を観るのと撮るのは、180度違う…」めぐみは、若松孝二という存在、なによりも映画作りに魅了されていき……。

監督: 白石和彌 脚本: 井上淳一
制作国: 日本 制作年: 2018年 配給: 若松プロダクション/スコーレ
キャスト: 門脇麦 井浦新 山本浩司 岡部尚 大西信満
(C)2018 若松プロダクション

 

 

 

ゲスト

白石和彌(映画監督)

1974年生まれ。北海道出身。1995年、中村幻児監督主催の映像塾に参加。以降、若松孝二監督に師事し、フリーの演出部として活動。
若松孝二監督『明日なき街角』(97)、『完全なる飼育赤い殺意』(04)、『17歳の風景少年は何を見たのか』(05)などの作品へ助監督として参加する一方、行定勲監督、犬童一心監督などの作品にも参加。
2010年、初の長編映画監督作品『ロストパラダイス・イン・トーキョー』で注目を集める。ノンフィクションベストセラーを原作とした『凶悪』(13)は、2013年度新藤兼人賞金賞をはじめ、第37回日本アカデミー賞優秀作品賞・脚本賞ほか各映画賞を総嘗めし、一躍脚光を浴びる。
その他、日本警察史上最大の不祥事と呼ばれた事件をモチーフに描いた『日本で一番悪い奴ら』(16)、『牝猫たち』(17)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)、『孤狼の血』(18)

ゲスト

井浦 新(出演)

1974年9月15日生まれ、東京都出身。
映画『ワンダフルライフ』(98/是枝裕和監督)に初主演。以降、映画を中心にドラマ、ナレーションなど幅広く活動。
主な出演作品は『ピンポン』(02/曽利文彦監督)、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08/若松孝二監督)、『空気人形』(09/是枝裕和監督)。『かぞくのくに』(12/ヤン・ヨンヒ監督)で第55回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12/若松孝二監督)では、日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞を受賞。『ジ、エクストリーム、スキヤキ』(13/前田司郎監督)、『悼む人』(15/堤幸彦監督)、『白河夜船』(15/若木信吾監督)、『光』(17/大森立嗣監督)、『二十六夜待ち』(17/越川道夫監督)、『ニワトリ★スター』(18年/かなた狼監督)、など。今後の公開待機作に、『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』(18/柳川強監督)、『赤い雪 RED SNOW』(18/甲斐さやか監督)、『菊とギロチン』(18/瀬々敬久監督)、『嵐電』(19/鈴木卓爾監督)、『こはく』(19/横尾初喜監督)などがある。

静岡シネ・ギャラリー

お問合せ:054-250-0283

静岡市葵区御幸町11-14 サールナートホール3階

マップ・アクセス