母さんがどんなに僕を嫌いでも

2018/12/22(土)~2019/1/4(金)



2018/12/22(土)~2019/1/4(金)上映
①15:40~17:30
②19:40~21:30
 ※2018/12/31のみ、②19:40~の回休映

ストーリー
タイジ(太賀)は、情緒不安定な母(吉田羊)に、心身ともに傷つけられていた。
17歳で家を飛び出し1人で生きていこうと決めるが、幼少期から見守ってくれた工場の婆ちゃん(木野花)との再会や、大人になって出会った友人たちの存在に励まされる。
やがてタイジは大好きなのに自分を拒絶する母に歩み寄り、向き合おうとする。

チェック
漫画家の歌川たいじが自身の壮絶な母子関係をつづったコミックエッセイを映画化。
社会人になった主人公が過去を振り返りつつ、母との確執に向き合い奮闘する姿を描く。
監督は『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』などの御法川修。
主演は『走れ、絶望に追いつかれない速さで』などの太賀。
母親に『ラブ×ドック』などの吉田羊がふんするほか、森崎ウィン、白石隼也、おかやまはじめ、木野花らが出演している。

作品情報

監督: 御法川修
脚本: 大谷洋介
原作: 歌川たいじ
制作国: 日本
制作年: 2018年
配給: REGENTS

キャスト 太賀 (タイジ)
吉田羊 (光子)
森崎ウィン (キミツ)
白石隼也 (大将)
秋月三佳 (カナ)

(C) 2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

公式HPはこちら

予告編

前売券・当日券

前売券

前売券は、公開の前日までの販売となります。公開中でのご購入はできません。公開中は当日券をお求め下さい。

☆劇場窓口……共通前売券 ○ 一般前売1400円 シニア前売1200円 公開の一ヶ月前より販売開始
*共通前売券について
 当館で絵柄の入った前売券の取り扱いがございません。全て絵柄の入っていない前売券となります。

 お取扱いは、シネ・ギャラリー劇場窓口のみでの販売です。

☆WEBでご購入、お近くの対象コンビニで発券もできます→チケットぴあ
Pコード 
467-716  1400円(+手数料108円)
*シネ・ギャラリーでの公開日の一ヶ月前より販売開始
*必ず「対象作品」にご希望の作品があるか確認してからご購入ください。
*お近くのチケットぴあ、セブンイレブン、サークルK・サンクスに 設置されているチケットぴあの発券機でもご購入ができます。
発券機でのご購入の際は上記Pコードが必要になりますのでお控え下さい。
*チケットぴあでは、シニア前売券の販売は行っておりません。

当日券 当館で公開が始まった作品は、当日券のみの販売となります。

一般 1,800円
学生・子ども・シニア(60歳以上)・障がい者 1,300円

会員
平日 1,100円
土日祝 1,400円(シニア会員・学生会員・U-25会員は1,100円)

ファーストデイ(毎月1日)
1,100円(どなたでも)

ご遠慮いただいております

上映中、携帯電話の使用禁止
 上映中に携帯電話をご使用になるお客様がいらっしゃいます。ほんの少しでも光が漏れると、周りの方の鑑賞の迷惑になります。
 上映中は必ず携帯電話の電源をOFFにしてからご鑑賞ください。
 どうしてもという場合は、一旦劇場から出て、ロビーにてご使用ください。

上映開始後の途中入場禁止
 整理券をお取りいただいていても、上映が開始しますと、他のお客様のご迷惑となりますので、入場はお断りさせていただきます。
 遅れてお越しになり、ご入場をお断りさせていただいた場合、いかなる理由がございましても、他上映回への変更、払い戻しはいたしかねますのでご 了承ください。

劇場内でのご飲食禁止
 劇場内へ飲食物を持ち込むこと、ご飲食をすることはお断りしております。
 1階喫茶コーナー、3階ロビーでは飲食可能です。
 やむをえない理由がある場合は、スタッフにご相談ください。

立ち見はご遠慮いただいております
 座席数のみの販売となります。満席時にはご入場いただけません。

未就学児の入場はお断りしております
 ママさん上映等ではご入場いただける場合もございますが、基本的にはお断りしております。

ご鑑賞の前に・・・