大映女優祭

遊び

2018/5/9(水)~5/11(金)



2018/5/9(水)~5/11(金)上映  連日①10:15~

ストーリー
町工場で働く、やっと十六歳になった少女には、寂しい過去があった。
数年前、ダンプの運転手をしていた父は、人身事故を起こして以来飲んだくれ、借金を残して死んでしまった。後には、造花の内職をするしか能のない母と、カリエスで寝たっきりの姉が残され、少女は借金の返済のために、中学を卒業すると働きにだされ、給料を家に送り続けていた。
そんな中、休日に出かけた街で青年と出会い……。


チェック
原作は野坂昭如の『心中弁天島』。
脚本は大映助監督の今子正義と伊藤昌洋。
潤色・監督は「やくざ絶唱」の増村保造。撮影は「可愛い悪魔 いいものあげる」の小林節雄がそれぞれ担当。

作品情報

監督・潤色:増村保造
脚本:今子正義 伊藤昌洋
制作国:日本
制作年:1971年
配給:KADOKAWA
上映時間:89分

キャスト
関根恵子(高橋恵子)
大門正明

©KADOKAWA1971

『大映女優祭』 公式HPはこちら

『大映女優祭』 予告編

『大映女優祭』特別前売券

前売券

前売券は、2018/4/13(金)までの販売となります。それ以降のご購入はできません。4/13以降は当日券をお求め下さい。

☆劇場窓口……
前売1回券 1,100円
前売3回券 3,000円(先着50セット、特製ポストカード付き)
2018/3/3(土)より3階シネ・ギャラリー窓口にて販売開始

チケットぴあでの前売券のお取扱はございません。

『大映女優祭』特別料金
当日券

一般 1,600円
学生・子ども・シニア(60歳以上)・障がい者 1,300円

会員
平日 1,100円
土日祝 1,400円(シニア会員・学生会員・U-25会員は1,100円)

ファーストデイ(毎月1日)
1,100円(どなたでも)

FACEBOOK